Page Top

【SPEED TEST】iPhone 6s通信速度レポート……山陽新幹線各駅で実測!

2015-09-29 18:30:05


 発売直後の「iPhone 6s」を用いた通信速度調査レポート。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクそれぞれのiPhone 6sを用意して各種スポットで速度調査を実施、その結果をお届けしていく。東海道新幹線に続いて、新大阪・博多間の山陽新幹線各駅でも調査を実施した。測定には「RBB SPEED TEST」アプリを使用。各スポットでそれぞれ3回測定し、その平均値を記録している。

 山陽道新幹線の下り線、各駅に停車するこだま号に乗り込み、博多駅までの全19駅で測定をおこなった。今回は各キャリアごとにその結果をみていきたいと思う。

 まずドコモは全19駅の平均速度が下り14.66Mbps/上り7.39Mbps。序盤は下り10Mbpsを切るポイントも多かったが、新岩国駅以降は持ち直し、終点の博多駅においては下り51.29Mbpsで3キャリア中最速を記録している。なお博多駅の結果は、今回の調査におけるドコモ全体としての最速でもある。一方、下りのワーストは広島駅で記録した5.90Mbps。

 次にKDDIは19駅の平均速度が下り35.35Mbps/上り7.00Mbpsとなり、下りの平均速度は3キャリア中最速。すべての駅で下り10Mbps以上を記録しており安定していた。KDDIとしての最速値は東広島駅で記録した下り69.28Mbps、ワーストは新大阪駅の下り10.51Mbpsだった。40~60Mbpsを記録する駅も多く、19駅中14駅で下り速度最速となっている。

 ソフトバンクは19駅の平均速度が下り19.31Mbps/上り10.74Mbps。ワーストとなった新倉敷駅(下り7.44Mbps)を除く18駅で下り10Mbpsを超えた。最速値は新岩国駅で記録した下り35.98Mbps。新大阪駅、岡山駅など4駅で下り最速となった。

 平均30Mbpsを超えたKDDIを始めとして、いずれのキャリアも全体平均では下り10Mbpsを超えており、駅においてはまずまず快適な通信ができる。ただし、新岩国を超えるとトンネルを通過する時間が増え、その間は3キャリアとも非常につながりにくくなった。駅間も含めて全行程で快適な通信ができるようになるまではもう少し時間がかかりそうだ。
白石 雄太

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

そのTONEモバイルが30日、TONE SIM for iPhoneのバージョンアップを発表した。アップグレードの目玉は、AIを利用した見守り機能を強化し、iPhoneにも対応させたこと。またシニア向けにライフログ機能で健康管理に役立つ情報を提供できるようにしたこと [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング