Page Top

位置検索・見守りサービスを活用した行方不明者訓練……加藤電機と半田市役所が実施

2015-12-03 13:13:12


 加藤電機は、位置検索・見守りサービス「SANフラワー見守りサービス」を用いた認知症の方の行方不明訓練を愛知県半田市役所と共同で1日に実施したことを発表した。

 「SANフラワー見守りサービス」は、920MHz帯の電波を発するタグを、レーダーやアンテナを用いて位置検索を行うもので、同社が今年4月から運用を行っている。

 訓練では行方不明捜査協力者8名がSANタグを所持し、半田市役所から半径1.5Km圏内に潜伏。2~3名で構成された捜索班16グループがSANレーダーを使って、行方不明者を場所を捜索した。結果、20分から30分で8名全員を発見でき、効果を実証するものとなった。

 同社は今後、アンテナ数の増加や地域の実情に則した見守りシステムと連携するなど、より効率的な認知症支援体制の構築を目指していくとしている。
防犯システム取材班

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 トーンモバイルは22日、シニアの健康を増進させる新サービスを発表した。利用者のライフログから罹患率を計算するほか、薬の飲み忘れを防ぐ機能、運動不足の利用者のスマホを使いにくくする機能などを用意している。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

もうしばらくの間、主に仕事の関係で年に6~7度ほど日米間を往復している。私が住むロサンゼルスの空港は全米規模としても大きく、成田や羽田、あるいは郷里の関西方面への直行便も多く、アメリカの他地域に比べれば非常に恵まれている 。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング