Page Top

ほしい! “コップのフチ子”の奇譚クラブによる「温泉WATCH」が話題に

2016-04-28 21:42:28


 林檎のマークでおなじみの“あの会社”が満を持して市場に参入するなど、「腕時計型の端末」がモバイル界隈の話題をさらったのはまだ記憶に新しいところ。こうした状況で、コップのフチ子を展開する奇譚クラブが、まったく独自の観点から開発されたスマートなウォッチを世に送り出そうとしている。その名も「温泉WATCH」。ネットでじわじわと口コミが広がるこの製品、一体どんな製品なのだろう。

 同社では、YouTubeに「温泉WATCH(温泉ウォッチ) OFFICIAL TRAILER video」をアップ。ナレーションはすべて英語、製品を説明する声のトーンなどは“あの会社”のスマートウォッチをイメージさせる。日本語の字幕で「温泉WATCHは、まだ誰も感じたことのない体験をあなたに提供します」「先進的なデザインの秘密は、その開発の背景にあります」と続く。

 奇譚クラブが目指したのは「これまでで最も親しみやすい時計」。そこで目を付けたのが「我々の一番身近な存在、温泉」とのこと。こうした成り行きから、全裸の状態で我々が唯一身に付ける”ロッカーのカギ”がデザインのコンセプトになった。

 ビデオでは「ダイナミックなアニメーションで時刻を表示」「時計でありながら、まるでつけていることを忘れてしまうかのような身近なデザイン」と紹介、この調子で「時計の持つ可能性を広げる」「これまでで最高の時計です」とアピールが続く。ちなみに最後の画像、モザイクがかかってはいるが、明らかに“あの会社”が提供するスマートウォッチを腕に巻いている。終わり際には白地に黒の文字で「温泉WATCH」と表示され、視聴者に湯上がりのようなすがすがしさを与える。

 といった感じで、まさに“奇譚クラブ節”全開、そして真正面からふざけまくっているというこの製品。発売日は2016年4月下旬。サイズは約75mm、価格は各300円。購入方法はガチャガチャ。カラバリは全6種(ブルー、イエロー、ピンク、グリーン、オレンジ、グレー)で展開する。色のバリエーションが本家(?)よりも多いため、選ぶ楽しさも十分。ガチャを見つけたら、ぜひチャレンジしてみては?
近藤謙太郎

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマホ「moto g7 plus」「moto g7」「moto g7 power」を、6月7日から販売すると発表。都内で会見を開催した。国内量販店、Eコマース販売店、MVNO、ケーブルテレビ各社、モトローラ直販サイトで販売となる。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング