Page Top

Apple、iPhoneの下取り額を引き下げ

2016-04-29 18:33:42


 新しいiPhoneを購入する際、NTTドコモやau、ソフトバンクなどの大手通信キャリアは、以前からユーザーが使っていたデバイスの下取りを行っていたが、Appleも今年の3月になってから同様のプログラムを開始している。

 しかし、このほど下取り額が大幅に引き下げられてしまった。従前の下取り額と新たな下取り額は以下の通りだ。

●iPhone 4/4s:最大3,500円→最大3,000円
●iPhone 5/5s/5c:最大14,600円→最大11,000円
●iPhone 6:最大31,000円→最大26,400円
●iPhone 6 Plus:最大36,000円→最大32,000円
(左側がこれまでの下取り額、右側が変更された下取り額)

 モデルによっては5,000円近い下取り額の減額だ。理由は明らかにされていないが、Appleは先日、為替変動に伴うものと思われるiPhoneの価格変更を国内で実施しており、少なからずこれが影響しているものと思われる。Web上におけるiPhone買取り事業者の提示金額についても同様に引き下げられていることから、市場における旧モデルの価値が下がってしまったようだ。

 筆者手持ちのiPhone 6 Plus(128GB、SIMフリー版)についても、下取り額を調べてみたが、32,000円となっていた。すでにシステム上でも反映されていることが確認できる。最新モデルへの購入を後押ししてくれる下取り額の減額は、ユーザーにとって悲しい限りだ。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマホ「moto g7 plus」「moto g7」「moto g7 power」を、6月7日から販売すると発表。都内で会見を開催した。国内量販店、Eコマース販売店、MVNO、ケーブルテレビ各社、モトローラ直販サイトで販売となる。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング