Page Top

GoogleのMVNOサービス「Project Fi」、通信キャリア追加でサービス拡充

2016-06-10 09:30:06


 Googleは今年の3月から、米国においてMVNOサービス「Project Fi」の提供を一般向けに開始している。特徴は、分かりやすい料金制度とネットワークへの接続方法。

 まず料金面だが、ユーザーは月額20ドルの基本料金を支払うことで、国内通話とテキストメッセージのやり取りが無制限となる。また、別途でデータ通信料金は、1GBあたり10ドルで使った分だけ請求される。データ通信料金は国外(120の国と地域で、日本もその対象エリア)でも同料金が適用されるので、海外出張が多いユーザーにとってはメリットが大きいだろう。

 次にネットワークは、複数のモバイルネットワークやWi-Fiサービスから、その時点で最良のものが選択される。現在、米国内においては、SprintとT-Mobileがモバイルネットワークの提供を行っているが、現地時間8日、GoogleはここにU.S. Cellularのネットワークが新規で加わることを公式ブログ上で発表した。

 U.S. Cellularは、23の州でモバイルネットワークを提供しており、米国ではAT&T、 Verizon、Sprint、T-Mobile といった4大キャリアに続く5番手。Googleは、U.S. Cellularのネットワークが利用可能となったことにより、通信エリアのさらなる拡大や、サービスの向上が見込まれるとしている。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

■活用シーンが増える自宅Wi-Fi  PCやスマホ、タブレット端末の通信だけでなく、TVやゲーム機の接続などWi-Fi活用のシーンは多岐に渡っている。そんな中で、自宅Wi-Fiの実効速度はど [...]
全て見る

MVNO 特集

フィリピンに到着して数日が過ぎた。前回、フィリピン航空の機内Wi-Fiについてレポートしたが、今回は、何日か過ごしてみて分かったフィリピンの通信インフラ状況についてレポートする。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

筆者はいま、フィリピン航空を利用して、フィリピンへと向かっている。機内ではエンターテインメントのほか、ブランジングも可能な無料Wi-Fiが提供されていた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング