Page Top

GoogleのMVNOサービス「Project Fi」、通信キャリア追加でサービス拡充

2016-06-10 09:30:06


 Googleは今年の3月から、米国においてMVNOサービス「Project Fi」の提供を一般向けに開始している。特徴は、分かりやすい料金制度とネットワークへの接続方法。

 まず料金面だが、ユーザーは月額20ドルの基本料金を支払うことで、国内通話とテキストメッセージのやり取りが無制限となる。また、別途でデータ通信料金は、1GBあたり10ドルで使った分だけ請求される。データ通信料金は国外(120の国と地域で、日本もその対象エリア)でも同料金が適用されるので、海外出張が多いユーザーにとってはメリットが大きいだろう。

 次にネットワークは、複数のモバイルネットワークやWi-Fiサービスから、その時点で最良のものが選択される。現在、米国内においては、SprintとT-Mobileがモバイルネットワークの提供を行っているが、現地時間8日、GoogleはここにU.S. Cellularのネットワークが新規で加わることを公式ブログ上で発表した。

 U.S. Cellularは、23の州でモバイルネットワークを提供しており、米国ではAT&T、 Verizon、Sprint、T-Mobile といった4大キャリアに続く5番手。Googleは、U.S. Cellularのネットワークが利用可能となったことにより、通信エリアのさらなる拡大や、サービスの向上が見込まれるとしている。
Tsujimura

MVNO 特集

ファーウェイ・ジャパンは10日、ローライトに強いダブルレンズカメラ搭載の「honor 9」を発表した。ターゲット層に想定しているのは、トレンドコンシャスな若者。楽天モバイルを含む4社のMVNOを通じて10月12日より販売する。市場想定売価は53,800円。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

日本航空と全日空は機内Wi-Fiサービスの提供を行っており、すでに多くの搭乗客の間にその存在が知られ、活用されている。そうした中で、どちらのWi-Fiが快適なのかといった議論も見かける。そこで、実際の両社のサービスを体験し、通信速度計測も行ってみた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング