Page Top

米Google、アプリやコンテンツを6人で共有できる「Google Play Family Library」発表

2016-07-29 14:15:07


 現地時間27日、米GoogleはGoogle Playで購入した対応アプリやゲーム、映画、テレビ番組、本などのコンテンツについて、追加料金がかからず、6人で共有可能なサービス「Google Play Family Library」を発表した。今後、数日のうちに、日本を含む12カ国のユーザーに向けて、同機能を順次リリースしていく。

 「Google Play Family Library」には、ファミリーの代表者の存在が必要。代表者は、支払い用クレジットカードの登録が必要で、20歳以上という年齢制限がある。グループには、13歳以上のユーザーを5人まで招待することができるが、この際、招待される側のユーザーは、代表者と同じ国に居住していること、および他のグループに参加していないことが必須条件となる。

 代表者がアプリやコンテンツを購入する以外に、グループのメンバーが購入することも可能だが、代表者のクレジットカードで購入する場合は、代表者の許可が必要。グループのメンバーが、独自でクレジットカードを登録し、購入したアプリを共有することも可能だ。

 注意したいのは、すでに、月額1,480円の「Google Play Musicファミリープラン」が登場していることからも分かる通り、音楽は「Google Play Family Library」の対象外で、日本は書籍の共有についてもNGとなっている。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 今夏の携帯電話業界では、SIMフリースマホの雄、ファーウェイが3大キャリアすべてにスマホを納入したことが大きな話題となりましたが、他メーカーもSIMフリースマホの夏モデルを発表しています。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング