Page Top

FREETEL、10コアCPUの新スマホ「KIWAMI 2」を12月22日に発売!1月にも2機種を投入へ

2016-11-21 16:45:09


 ハイコストパフォーマンスなSIMフリースマホを自社で開発し、複数のラインナップを展開するFREETEL(フリーテル)から冬の新製品3機種が21日、発表された。

■フラグシップの「SAMURAI KIWAMI 2」

 OSにAndroid 6.0を搭載する5.7インチのファブレット。フラグシップモデルらしく高精細な2560×1440(WQHD)の有機ELディスプレイを搭載した。12月22日の発売を予定しており、価格は税別で49,800円。

 CPUは10コアのメディアテック製「Heilo X20」。RAMは4GB、64GBの内蔵ストレージを搭載するが、外部記憶メディアには非対応。本体は7.2mmの薄型フルメタルボディ。LTEの対応バンドは1/2/3/4/5/7/8/12/17/28。LTEのキャリアアグリゲーションはバンド3/19、1/19の組み合わせによりする。3G/2Gによる通信もサポートしている。Wi-Fiは11a/b/g/n/ac対応。

 SIMカードスロットはnanoSIMをデュアルで搭載。1台で2つの電話番号が持てるデュアルスタンバイにも対応する。特に今回開発に時間をかけてこだわったというカメラ機能は、メイン側が1,600万画素、フロント側が800万画素。独自のフリーテルUIによる自動撮影モード選択など簡単操作が特徴だ。

 内蔵バッテリーは3,400mAh。本体から着脱できない固定式だが「ユーザー向けの交換サービスを提供していく」(プラスワン・マーケティング社長 増田薫氏)という。

 フロントセンターのフリーテルボタンは指紋認証センサーを内蔵。設定からさまざまなアクションを割り当てられるほか、別途画面上にナビゲーションボタンを表示したり、インターフェースのカスタマイズ対応も自由度を高めた。同社の増田氏によれば、今後UIも随時アップデートしながら使いやすさを高めていくという。

 フリーテルが独自の電話回線により提供する「通話料いきなり半額」などのアプリサービスを併用する場合、別途アプリのアイコンをタップしなくても、「電話」アプリにから「FREETELでんわ」のトグルをオンにすればプレフィックス電話回線によるサービスも一つのアプリ内でシームレスに使える。海外からの発信設定も自動で国番号が追加できたり、電話アプリの使い勝手を良くしている点が特徴だ。その他、暮らしに便利な懐中電灯アプリなどユーティリティーツールもプリインストールされている。

■Android 7.0搭載の新シリーズ「RAIJIN」

 尖鋭性を特徴にうたうミドルレンジの新シリーズ「RAIJIN(雷神)」も登場。発売日は2017年1月27日を予定しており、価格は税別で29,800円になる見込み。カラーバリエーションは3色を用意する。

 同機は最新のAndroid 7.0を初期搭載するスマートフォン。ディスプレイのサイズは5.5インチのフルHD。メディアテック製の1.5GHzのオクタコアプロセッサーを内蔵し、RAMは4GB、64GBのストレージを備える。外部ストレージとしてmicroSDカードも使える。

 LTEの対応バンドは1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28。キャリアアグリゲーションはバンド3/19、1/19の組み合わせにより対応する。SIMカードスロットはnanoSIM、microSIMをデュアルで搭載。本機もデュアルスタンバイ対応だ。Wi-Fiは11a/b/g/nをカバーする。

 メインカメラは1600万画素、フロントカメラは800万画素。USB Type-Cの端子を搭載した。内蔵バッテリーが5,000mAhと容量が大きいのも特徴。増田氏は「ずっと充電しなくていい、安心感をアピールしたかった。5.5インチなので本体が重くなるのではと思われがちだが、先端技術により軽量化も実現している」と強調した。

■人気スタンダードシリーズの最新モデル「Priori 4」

 フリーテルブランドの代名詞とも呼べるシリーズの最新モデルは2017年1月27日の発売、価格は税別で14,800円を予定する。商品パッケージに6色のバックパネルを同梱しており、着せ替えが楽しめるのも特徴だ。

 本体は軽快に持ち運べる約5インチのサイズ感を実現。1280×720画素のIPSディスプレイを搭載。OSはAndroid 6.0。1.3GHzのクアッドコアプロセッサーを内蔵し、RAMは2GB。本体には16GBのストレージを設けたほか、外部ストレージとしてmicroSDカードも使用できる。

 LTEの対応バンドは1/3/5/8/19/41。3G/2Gによる通信もサポートする。SIMカードスロットはnanoSIM、microSIMをデュアルで搭載。メインカメラは800万画素、フロントカメラは500万画素。Wi-Fiは11a/b/g/n対応だ。

 内蔵バッテリーは4,000mAhと容量に余裕を持たせた。フル充電から3日持ちを実現しているという。プラスワン・マーケティングの増田氏は「発売後、早い段階でAndroid 7.0にOSをアップデートする用意がある。同機に限らず、フリーテルの端末は今後積極的に最新のOS対応を進めていく」と宣言した。戦略の一環として、現在販売中のスマートフォン「Rei」は2017年春にAndroid 7.0にファーム更新を予定しているという。

 3つのスマートフォンのほかに、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーター「ARIA2」も発表。12月2日に、税別11,800円で発売される。同機はバッテリー性能にこだわったWi-Fiルーターだ。同時接続は最大10台まで。LTEネットワークは1/3/5/18/19/41のバンドをサポートする。17時間連続通信を可能としており、バッテリーモジュールは着脱交換が可能だ。

 フリーテルに限らず他社のSIMカードを挿して使うこともできる。APN設定を本体のディスプレイに表示されるQRコードを読み取るだけで簡単に行える機能も特徴。シリコン保護ケースが付属する。
山本 敦

SPEED TEST 特集

■活用シーンが増える自宅Wi-Fi  PCやスマホ、タブレット端末の通信だけでなく、TVやゲーム機の接続などWi-Fi活用のシーンは多岐に渡っている。そんな中で、自宅Wi-Fiの実効速度はど [...]
全て見る

MVNO 特集

フィリピンに到着して数日が過ぎた。前回、フィリピン航空の機内Wi-Fiについてレポートしたが、今回は、何日か過ごしてみて分かったフィリピンの通信インフラ状況についてレポートする。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

筆者はいま、フィリピン航空を利用して、フィリピンへと向かっている。機内ではエンターテインメントのほか、ブランジングも可能な無料Wi-Fiが提供されていた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング