Page Top

Apple、Wi-Fiルーター製品の自社開発を終了か

2016-11-22 11:02:00


 Appleは、Wi-Fiルーター製品の自社開発について、終了の意向を持っている可能性が高くなった。

 Bloombergが、事情に詳しい関係者の話として現地時間21日に発表した最新のレポートによれば、同社は自社で開発しているAirMac Extreme、AirMac Express、AirMac Time Capsuleについて、製品アップデートの計画を持っておらず、開発チームについてはすでに他のコンシューマー向け製品の開発部隊に、配置転換を行っているという。

 同社がこれら製品のアップデートを最後に行ったのは、2013年にまでさかのぼる。最近、新型MacBook Proの外部出力ディスプレイとして、LGへの外注を発表したばかりだが、こうしたWi-Fiルーター製品についても同様の方針を採用するのかもしれない。
Tsujimura

MVNO 特集

ファーウェイ・ジャパンは10日、ローライトに強いダブルレンズカメラ搭載の「honor 9」を発表した。ターゲット層に想定しているのは、トレンドコンシャスな若者。楽天モバイルを含む4社のMVNOを通じて10月12日より販売する。市場想定売価は53,800円。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

日本航空と全日空は機内Wi-Fiサービスの提供を行っており、すでに多くの搭乗客の間にその存在が知られ、活用されている。そうした中で、どちらのWi-Fiが快適なのかといった議論も見かける。そこで、実際の両社のサービスを体験し、通信速度計測も行ってみた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング