Page Top

Apple、Wi-Fiルーター製品の自社開発を終了か

2016-11-22 11:02:00


 Appleは、Wi-Fiルーター製品の自社開発について、終了の意向を持っている可能性が高くなった。

 Bloombergが、事情に詳しい関係者の話として現地時間21日に発表した最新のレポートによれば、同社は自社で開発しているAirMac Extreme、AirMac Express、AirMac Time Capsuleについて、製品アップデートの計画を持っておらず、開発チームについてはすでに他のコンシューマー向け製品の開発部隊に、配置転換を行っているという。

 同社がこれら製品のアップデートを最後に行ったのは、2013年にまでさかのぼる。最近、新型MacBook Proの外部出力ディスプレイとして、LGへの外注を発表したばかりだが、こうしたWi-Fiルーター製品についても同様の方針を採用するのかもしれない。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

■活用シーンが増える自宅Wi-Fi  PCやスマホ、タブレット端末の通信だけでなく、TVやゲーム機の接続などWi-Fi活用のシーンは多岐に渡っている。そんな中で、自宅Wi-Fiの実効速度はど [...]
全て見る

MVNO 特集

フィリピンに到着して数日が過ぎた。前回、フィリピン航空の機内Wi-Fiについてレポートしたが、今回は、何日か過ごしてみて分かったフィリピンの通信インフラ状況についてレポートする。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

筆者はいま、フィリピン航空を利用して、フィリピンへと向かっている。機内ではエンターテインメントのほか、ブランジングも可能な無料Wi-Fiが提供されていた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング