Page Top

MacBook Airをタッチディスプレイ化!「AirBar」はスワイプやピンチアウト/インにも対応

2017-01-04 21:12:19


 タッチディスプレイ搭載のPCが増える中で、Appleは新型MacBook Proに対し、「Touch Bar」という異なるアプローチを見せた。結果、同社は最新のMacシリーズでも、タッチディスプレイの搭載を選択しなかったわけだが、これを不満に思うユーザーもいるだろう。そんなユーザーは「AirBar」を使うと良いかもしれない。

 「AirBar」は、昨年発表されたWindowsノートパソコン(15.6インチ)向けのアイテムだが、このほど13.3インチのMacBook Airにも対応することが明かされた。仕組みとしては、ノートパソコンのディスプレイ底部に装着することで、見えない光センサーが画面全体をカバーし、ユーザーがタッチした場所を認識するというもの。タッチ情報は、USB接続によって本体に伝えられるように設計されている。なお、素手だけでなく、手袋やペンからのタッチも感知し、スワイプやピンチアウト/インにも対応するので、まるでiPhoneを操作するかのように、MacBook Airを扱うことができる。

 13.3インチのMacBook Airに向けた「AirBar」は、今年3月に99ドルで発売予定。2017年上半期のうちに、ほかのMacBookシリーズにも対応する計画がある。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

■活用シーンが増える自宅Wi-Fi  PCやスマホ、タブレット端末の通信だけでなく、TVやゲーム機の接続などWi-Fi活用のシーンは多岐に渡っている。そんな中で、自宅Wi-Fiの実効速度はど [...]
全て見る

MVNO 特集

フィリピンに到着して数日が過ぎた。前回、フィリピン航空の機内Wi-Fiについてレポートしたが、今回は、何日か過ごしてみて分かったフィリピンの通信インフラ状況についてレポートする。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

筆者はいま、フィリピン航空を利用して、フィリピンへと向かっている。機内ではエンターテインメントのほか、ブランジングも可能な無料Wi-Fiが提供されていた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング