Page Top

6秒動画アプリ「Vine」は1月17日に終了へ...「Vine Camera」アプリへと移行

2017-01-05 09:28:50


 2016年10月に突然のサービス終了が案内された6秒動画作成アプリ「Vine」だが、そのサービスは現地時間1月17日に終了し、「Vine Camera」へと移行されることが分かった。

 「Vine Camera」アプリは、「Vine」と同様に6秒間のループ動画を作成することが可能。作成した動画は、Twitterに直接投稿したり、スマートフォンに保存したりすることができる。「Vine」上におけるコミュニティは、完全に消滅する見通しだが、近いうちに「Vine」のフォロワーが、投稿者のTwitterアカウントをフォローしやすくなるような機能がリリースされる見込み。

 すでに「Vine」に投稿された動画は、アプリやウェブサイトからダウンロードが可能なので、思い出が消えることはなさそうだが、「Vine」上でコミュニティを築いて楽しんでいたユーザーにとっては、やや残念な決定となっている。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

■活用シーンが増える自宅Wi-Fi  PCやスマホ、タブレット端末の通信だけでなく、TVやゲーム機の接続などWi-Fi活用のシーンは多岐に渡っている。そんな中で、自宅Wi-Fiの実効速度はど [...]
全て見る

MVNO 特集

フィリピンに到着して数日が過ぎた。前回、フィリピン航空の機内Wi-Fiについてレポートしたが、今回は、何日か過ごしてみて分かったフィリピンの通信インフラ状況についてレポートする。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

筆者はいま、フィリピン航空を利用して、フィリピンへと向かっている。機内ではエンターテインメントのほか、ブランジングも可能な無料Wi-Fiが提供されていた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング