Page Top

久々に個性的なスマホが!! オンキヨーから徹底的に音にこだわったSIMフリー「GRANBEAT」

2017-01-26 21:44:06


 オンキヨー&パイオニア株式会社は26日、スマートフォンとして世界で初めてヘッドホン用のフルバランス駆動回路とバランス出力端子を搭載したハイレゾ対応SIMフリースマートフォン「GRANBEAT」を発表した。

 「GRANBEAT」は、スマートフォンで楽しむことのできるオーディオ・ビジュアルのエンターテインメントに加えて、高音質のハイレゾ音源(最大384kHz/24bit)が楽しめるオンキヨーブランドのスマートフォン。新曲や懐かしい曲など、多様なアーティストやジャンルから、多岐にわたるハイレゾ楽曲が販売されるなか、楽曲をより楽しみたいというニーズが急増。音楽を聴くスタイルや方法も、座って聴く据え置き型の機器から、ポータブル機器へと変化し、中でもスマートフォンで音楽を楽しむというユーザーが増えている。また、スマートフォン市場では格安SIMなどの認知度向上や普及により、SIMフリー端末購入の選択肢も、ユーザーの中に増えてきた。「GRANBEAT」はそんな市況を反映したようなスマートフォンだ。

 スマートフォンとしては世界初となるヘッドホン用のフルバランス駆動回路とバランス出力端子を搭載し、バランス端子に対応したヘッドホンやイヤホンを接続することで、ハイレゾ音源をはじめとするさまざまな音楽ソースを、より高音質で再生することに対応。業界最高水準のDACとアンプを搭載していることから、DSDやMQA、FLAC、WAVいったハイレゾ音源だけでなく、音楽をはじめ、ゲームやラジオ、動画など、エンターテインメントのすべてを、より豊かで繊細なサウンドで楽しむことができる。

 スペック面では、ゴリラガラス3を採用した5.0インチのフルHD IPSディスプレイ(1,920×1,080)と16メガピクセルのメインカメラ、8メガピクセルのフロントカメラを搭載。メインカメラは、4K動画の撮影にも対応する。ハイレゾ音源とともに、アプリや写真などを気兼ねなく持ち歩ける、大容量128GBストレージを内蔵するとともに、最大256GB拡張可能なmicroSDカードスロットを1基搭載。基本ソフトは、Android 6.0で、4G LTEと3Gに両対応するデュアルナノSIMスロットを装備している点も魅力だ。無垢のアルミニウムブロック材から削り出された堅牢で安定感のあるアルミ筐体も美しい。

「GRANBEAT」は2月下旬発売予定。価格はオープンで、楽天モバイルでは84,800円(税込91,584円)で販売されることが明かされている。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

ソニーネットワークコミュニケーションズは12日、格安SIMサービス「nuroモバイル」において、新たにソフトバンク回線を利用したプランを提供すると発表した。提供開始は12月19日の午前9時。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

もうしばらくの間、主に仕事の関係で年に6~7度ほど日米間を往復している。私が住むロサンゼルスの空港は全米規模としても大きく、成田や羽田、あるいは郷里の関西方面への直行便も多く、アメリカの他地域に比べれば非常に恵まれている 。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング