Page Top

野球界でVR導入相次ぐ!DeNAベイスターズが”予習”可能なシステムを日本初導入

2017-03-01 21:42:03


 PlayStation VRやサムスンのGalaxy VRといった製品の発売をはじめ、このところ様々な分野・方面でヴァーチャル・リアリティ(VR)の話題が盛んになっているが、その流れはスポーツ界にも訪れている。

 1日、横浜 DeNA ベイスターズは、選手の能力向上やチーム力強化を目的とした VR システム「iCube(アイキューブ)」を 2017 年シーズンから導入すると発表している。

■試合に向けた実践的な準備が可能

 「iCube」と呼ばれるVRを用いたベースボールトレーニングシステムは、米ベンチャー企業「EON Sports」によって開発され、現在メジャーリーグベースボールでは、タンパベイ・レイズをはじめとした複数球団がトレーニングの一環に採用している。

 同VRシステムは、実際の投手の投球をリアルに再現。プレーヤーはヘッドマウントディスプレイを着用することで、投球の速度、球筋、ノビ、変化球のキレなどをリアルに体感することができるほか、蓄積されたデータの中から対戦投手や球種などを自由に選択できるため、試合に向けたより実践的な準備をすることが可能だ。

 データ野球と呼ばれて久しいが、試合前に対戦投手の”予習”ができてしまうというのは、選手にとって魅力的だろう。現に、体験した梶谷選手は「非常に現実的で試合の打席に立つ準備ができると感じました」とコメント。桑原選手も「相手投手が投げる変化球に対して、その見極めなどの部分で活用していきたいと思います」など好意的な声を寄せている。

■楽天もVRトレーニングシステムを導入予定

 実は、東北楽天ゴールデンイーグルスも昨年9月、2017年シーズンからNTTデータが提供するVRを利用したトレーニングシステムを導入すると発表している。

 同システムも横浜DeNAベイスターズと同様、ヘッドマウントディスプレイを装着すると、あたかも自身が実際のバッターボックスにいるかのような状態となり、投手の投球を体験することが可能となるものだ。これまで、アナログにノートをとったり、スコアラーによる分析が行われたりしていた内容が、実際に体感できるようになり、かつシーズン中に、VRコンテンツを更新しながら利用できるとなれば、チーム力の継続的な向上が期待できるため、今後も導入球団は増えるものと思われる。
Tsujimura

MVNO 特集

ファーウェイ・ジャパンは10日、ローライトに強いダブルレンズカメラ搭載の「honor 9」を発表した。ターゲット層に想定しているのは、トレンドコンシャスな若者。楽天モバイルを含む4社のMVNOを通じて10月12日より販売する。市場想定売価は53,800円。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

日本航空と全日空は機内Wi-Fiサービスの提供を行っており、すでに多くの搭乗客の間にその存在が知られ、活用されている。そうした中で、どちらのWi-Fiが快適なのかといった議論も見かける。そこで、実際の両社のサービスを体験し、通信速度計測も行ってみた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング