Page Top

LINEが音楽レーベル「LINE RECORDS」設立!アーティストのライブやレコーディングに参加

2017-03-08 19:08:07


 LINEは8日、楽曲に関するレコード制作や楽曲管理等を行うレコードレーベル「LINE RECORDS」の設立を発表した。

 同社は、「LINE」アプリのプロフィール画面に、好みの楽曲を設定できる「BGM設定機能」を提供しているほか、2015年6月には、定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」をスタート。

 今回発表された「LINE RECORDS」の設立目的は、”音楽を通じたコミュニケーションのさらなる活性化およびユーザーとの接点の拡大”とのこと。その第1弾の取り組みとして、プロデューサーとして数多くのアーティストのライブやレコーディングに参加するほか、国内外のコンピレーションに多数参加するKan Sano氏がLINEの呼出音(木琴)をリミックスした作品「MODERN LINE(Kan Sano LINE Remix)/ Kan Sano」を、本日よりLINE MUSIC上で先行配信している。

 同作品については、LINE MUSIC上での配信のみならず、世界21カ国の数百を数えるレコードショップが参加を表明しているレコードの祭典「RECORD STORE DAY(レコードストアデイ)」限定でアナログ盤の販売も予定。この取り組みについては、デジタルで音楽を楽しむだけでなく、レコードショップに出向き、レコードを手にする面白さや楽しさを再発見してもらうのが狙いであるとしている。なお、アナログ版は4月22日発売で、価格は税別1,500円。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

■活用シーンが増える自宅Wi-Fi  PCやスマホ、タブレット端末の通信だけでなく、TVやゲーム機の接続などWi-Fi活用のシーンは多岐に渡っている。そんな中で、自宅Wi-Fiの実効速度はど [...]
全て見る

MVNO 特集

フィリピンに到着して数日が過ぎた。前回、フィリピン航空の機内Wi-Fiについてレポートしたが、今回は、何日か過ごしてみて分かったフィリピンの通信インフラ状況についてレポートする。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

筆者はいま、フィリピン航空を利用して、フィリピンへと向かっている。機内ではエンターテインメントのほか、ブランジングも可能な無料Wi-Fiが提供されていた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング