Page Top

FACEBOOKメッセンジャーでインスタントゲームを遊んでみた!

2017-03-17 18:02:59


 FacebookはSNSとしての機能以外に、いろいろな機能を持っている。また、ユーザーのニーズやスタイルに合わせた新しい機能の追加も適宜行われている。この連載では、写真やメッセージを投稿するだけでないFacebookの楽しみ方、隠れた機能などを紹介していく。第1回はFacebookで遊べるミニゲームを紹介する。

●Messengerはゲームもできる
 かくいう筆者も、Facebookではもっぱら仕事関係の知り合いや友人と写真やメッセージを交換したり、ニュースなど最新情報を得るために使ってはいるが、知らない機能、使っていない機能もたくさんある。そもそも、Facebookにゲームがついているなんて知らなかったし、それで遊ぶか? とも思った。

 ただ、遊んでみるとヘタなアプリのゲームより手軽でちょっとした時間つぶしなどにちょうど良い。パックマンやソリティア、Zookeeperなど定番ゲームもそろっている。スペースインベーダーなんて懐かしいゲームもある。



 ゲームはMessengerアプリから起動するのだが、そのときオンラインになっている友達と対戦プレイをすることも可能だ。ゲーム開始画面の右上に「挑戦する」というボタンが表示されるので、それをタップすらばいい。対戦可能な友達が表示されるので相手を選ぶ。Messengerでチャットしながらゲームを楽しむこともできるわけだ。



●ゲーム開始はゲームパッドアイコンをタップするだけ
 インストールは簡単だ。というかゲームのインストール作業は必要ない。自分のスマートフォンやタブレットにMessengerアプリがインストールされていれば、すぐに遊ぶことができる。

 メッセージを入力する欄の下に、画像ファイルのアップロードやカメラの起動ボタンが並んでいるところがあるはずだ。ここにゲームパッドのアイコンが表示されているだろう。これをタップすればゲームメニューが表示される。スキなゲームを選んでプレイするだけだ。一度遊んだゲームはメニューリストの上部に表示されるので同じゲームを遊ぶのもすぐにできる。メッセージのタイムラインにゲームをした履歴が残るので、そこから起動してもOKだ。




●無料だけど広告は表示されない
 RPGのような大掛かりなゲームはないが、その分気軽に楽しめるゲームばかりだし、そういう目的で遊ぶのにはむしろちょうどよい。課金やガチャといったことを気にする必要もない。

 ゲームはHTML5を利用しているので、iOSでもAndroidでも気にせず遊べるようになっている。ただし、プログラム本体はスマートフォンなどに保存されるわけではなく、起動するごとにHTMLファイルを読み込むので、少し時間がかかることがある。といっても数十秒から1分以内(ネットワークが正常なら)で終わる。これなら、ダウンロード型でも起動前に必要なデータを読み込んだりして同じくらい時間がかかるものもある。

 プログラムが本体に保存されないとうことは、いろいろなゲームで遊んでも、スマートフォンのメモリは消費されない(Messengerアプリの分は必要)ということだ。アプリを入れすぎてメモリが足りなくなるという問題は考えなくてもよいわけだ。

 ゲームはいまのところ無料だが、無料アプリゲームにありがちな広告表示も(試した範囲では)見当たらない。これはうれしいことだが、多くのアプリが起動時に、プレイヤー(のアカウント)の名前とプロフィール写真へのアクセスが可能になるメッセージを表示する。スタートすると、それに同意したことになる。
中尾真二

SPEED TEST 特集

■活用シーンが増える自宅Wi-Fi  PCやスマホ、タブレット端末の通信だけでなく、TVやゲーム機の接続などWi-Fi活用のシーンは多岐に渡っている。そんな中で、自宅Wi-Fiの実効速度はど [...]
全て見る

MVNO 特集

フィリピンに到着して数日が過ぎた。前回、フィリピン航空の機内Wi-Fiについてレポートしたが、今回は、何日か過ごしてみて分かったフィリピンの通信インフラ状況についてレポートする。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

筆者はいま、フィリピン航空を利用して、フィリピンへと向かっている。機内ではエンターテインメントのほか、ブランジングも可能な無料Wi-Fiが提供されていた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング