Page Top

直観操作や収納性強化の電動車いす「WHILL Model C」登場!3G通信でファームアップも可能!

2017-04-14 16:18:18


 WHILLは、13日にパーソナルモビリティの新型モデル「WHILL Model C」の予約販売を開始している。

 日本の後期高齢者(75歳以上)人口は現在1,721万人で総人口の13.6%を占め、2030年には2,278万人に増加する見込み。歩行や車移動に代替する手段としてパーソナルモビリティ(電動車いす)の需要が伸びることが予測されている。

 同商品は、同社フラッグシップモデルで、2014年に発売された「WHILL Model A」のデザインや走行性能を継承しつつ、車載性や収納性を高める分解機能、取り外し可能な軽量バッテリー、カラーバリエーションの追加、3G回線搭載によるサービス提供などの新機能を搭載したエントリーモデルのパーソナルモビリティ。ショッピングバスケットやワイヤレスで使用できるスマートキーの採用など、ライフスタイルに合わせ、外出時の使い勝手を向上する機能が満載だ。

 本体重量はWHILL Model Aから約55%の軽量化を実現(52kg)。外出・旅行先に車に積んで運搬したり、例えば玄関などの小さなスペースに分解して収納したりすることが可能。電源ON/OFFやスピード調整は手元のコントローラーで行えるほか、アーム部分は跳ね上げが可能なため、横からの乗降もスムーズに行えるなど、直観的な操作と快適な使い心地も実現されている。音声案内機能も搭載されており、たとえば急な坂道など注意が必要な環境を走行する場合、手動ブレーキが解除された状態で電源がONになった場合などに、周囲に注意を喚起する音声が流れる。

 さらに、「WHILL Model C」は電動車いすとして日本で初めて3G通信モジュールを搭載。ファームウェアアップデートを遠隔で実施することも可能なほか、オプションで「WHILL Smart Care」に加入することで、遠隔から機体情報を確認できる「スマート診断」も利用できる。

 「WHILL Model C」はホワイト、グレイ、ブラック、ブルー、ピンク、ゴールドの6色のカラーバリエーションが展開されており、本体価格は450,000円。13日から予約受付が開始されており、6月より出荷が開始される予定となっている。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 トーンモバイルは22日、シニアの健康を増進させる新サービスを発表した。利用者のライフログから罹患率を計算するほか、薬の飲み忘れを防ぐ機能、運動不足の利用者のスマホを使いにくくする機能などを用意している。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

もうしばらくの間、主に仕事の関係で年に6~7度ほど日米間を往復している。私が住むロサンゼルスの空港は全米規模としても大きく、成田や羽田、あるいは郷里の関西方面への直行便も多く、アメリカの他地域に比べれば非常に恵まれている 。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング