Page Top

Twitter、ユーザーデータの共有管理ツールの拡張とプライバシーポリシーの更新を発表

2017-05-19 09:51:43


 Twitterは、ユーザーデータの共有管理ツールの拡張およびプライバシーポリシーの更新を案内している。

 まずはユーザーデータの共有内容を管理する新しいツールについて、同社は統計や興味関心データや広告主が特定の利用者層をターゲットする際の参考データとなる「Twitterデータ」の管理項目を拡張するとしている。デバイスや行ったことのある場所、興味のあるツイート、ログイン履歴など、どのようなデータが参照されているのかをユーザー自身が把握し、自身でその内容が編集できるようになる。また、個人を特定できない集計データの共有に関するポリシーが改定され、データ共有の管理設定が追加された。これにより、「カスタマイズとデータ」の設定部分で、自身のデータの共有をより細かくコントロールできるようになり、共有したくない情報が外せるようになった。

 さらに複数端末でTwitterを利用する際、他のデバイスからの利用情報が外せるようになった。例えば、ラップトップからスポーツコンテンツに関するサイトを閲覧した場合、モバイルからログインした場合にもスポーツに関する広告を表示されたいかどうかを「カスタマイズとデータ」の設定から選ぶことができるようになっている。

 次にプライバシーポリシーの更新では、まず埋め込みツイートなどのあるウェブサイトを閲覧した際、データの利用範囲が拡大される。これにより、ユーザーが興味抱いている情報やブランドなどにアクセスしやすくなる。また、各ユーザーが特定のパートナーへの共有を同意した場合だけに行われる、名前、メールなどの個人情報を含めたデータの共有について、デバイスレベルのデータの共有も新しくなる。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

■活用シーンが増える自宅Wi-Fi  PCやスマホ、タブレット端末の通信だけでなく、TVやゲーム機の接続などWi-Fi活用のシーンは多岐に渡っている。そんな中で、自宅Wi-Fiの実効速度はど [...]
全て見る

MVNO 特集

フィリピンに到着して数日が過ぎた。前回、フィリピン航空の機内Wi-Fiについてレポートしたが、今回は、何日か過ごしてみて分かったフィリピンの通信インフラ状況についてレポートする。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

筆者はいま、フィリピン航空を利用して、フィリピンへと向かっている。機内ではエンターテインメントのほか、ブランジングも可能な無料Wi-Fiが提供されていた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング