Page Top

自宅のWi-Fi環境、ギガプランとメガプランの固定回線で速度差はでるのか?

2017-05-31 14:06:58


 モバイル回線の通信容量を節約するために、自宅ではWi-Fiを活用するという人も増えてきている。そんな中、気になる自宅Wi-Fiの通信速度について、速度測定サービスRBB SPEED TESTの測定データから確認する。

 今回は、自宅の固定回線として下り(ダウンロード時)の最大速度が1Gbps以上のいわゆる「ギガプラン」を導入しているユーザーと、1Gbps未満の「メガプラン」、さらにはNTT東西の回線を借り受けて運営される「光コラボレーションモデル」の3種類のユーザーに分けてWi-Fi利用時の速度をみていく。端末スペックによる差異を極力排除するため、iPhone 6以降に発売されたiOS端末で測定されたデータにしぼって確認した。測定期間は2017年4月1日から30日。契約している固定回線の種類としては光回線のみを対象とした。

 まず、光回線全体を見てみると、Wi-Fi測定は合計で122,843件あり、下りの平均速度は74.12Mbps、上り平均は92.14Mbpsとなっている。

■「ギガプラン」の速度は「メガプラン」の約2倍

 これをプラン別に見ていくと、やはり「ギガプラン」がもっとも速く、下り平均92.77Mbps、上り平均109.50Mbpsとなった。測定数も52,053件で最多となっている。下り2Gbps以上のサービスも徐々に増えてきており、今後も高速化が進むと考えられる。

 「光コラボレーションモデル」は、43,672件の測定があり、下り平均70.18Mbps、上り平均91.74Mbps。こちらも基本的には下り最大1Gbpsのプランが多数のため、十分に速い数値が出ている。ユーザー数も増え続けており、今後の数値にも注目したい。

 最後に「メガプラン」。1Gbps以上のプランがスタンダードとなる中で、徐々にメガ回線の比率は下がってきているものの、いまだ多くの方が利用している。今回のデータでは、測定数が27,118件、下り平均が44.67Mbps、上り平均は59.49Mbpsという結果になった。下り40Mbpsを超えており、そこまで悪い数値ではないが、「ギガプラン」と比較するとおよそ半分。混雑時間帯などは平均より数値が下がることを考えると、少し心もとない結果とも言える。
白石 雄太

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 今夏の携帯電話業界では、SIMフリースマホの雄、ファーウェイが3大キャリアすべてにスマホを納入したことが大きな話題となりましたが、他メーカーもSIMフリースマホの夏モデルを発表しています。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング