Page Top

ルフトハンザ、全ての客室乗務員にiPad miniを支給すると発表

2017-06-08 15:49:38


 ルフトハンザ ドイツ航空は8日、すべての客室乗務員に対し、iPad miniを支給すると発表した。

 同社では現在、運航領域のさらなるデジタル化を目的としてキャビン・モバイル・デバイス(CMD)の配布が進められている。すでに6月第1週の時点で2万台のiPad miniが配布されており、今後数週間以内にすべての従業員に配布が完了するそうだ。

 CMDの配布により、客室乗務員は機内で必要なデータ、重要なサービスマニュアルやサービススケジュールに簡単にアクセスすることができるようになるほか、予定の変更も即座に確認することが可能となる。こうした作業の効率化によって、スタッフはより多くの時間を乗客にさけるようになり、顧客満足度の向上が期待できるという。

 ルフトハンザでは、2015年にコックピットで電子フライトバッグ(EFB)が導入されたことを皮切りに、客室マネージャーにもタブレット端末が支給されたほか、今回客室乗務員にもiPad miniの支給が決まるなど積極的に業務のデジタル化がすすめられている。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

ソニーネットワークコミュニケーションズは12日、格安SIMサービス「nuroモバイル」において、新たにソフトバンク回線を利用したプランを提供すると発表した。提供開始は12月19日の午前9時。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

もうしばらくの間、主に仕事の関係で年に6~7度ほど日米間を往復している。私が住むロサンゼルスの空港は全米規模としても大きく、成田や羽田、あるいは郷里の関西方面への直行便も多く、アメリカの他地域に比べれば非常に恵まれている 。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング