Page Top

ルフトハンザ、全ての客室乗務員にiPad miniを支給すると発表

2017-06-08 15:49:38


 ルフトハンザ ドイツ航空は8日、すべての客室乗務員に対し、iPad miniを支給すると発表した。

 同社では現在、運航領域のさらなるデジタル化を目的としてキャビン・モバイル・デバイス(CMD)の配布が進められている。すでに6月第1週の時点で2万台のiPad miniが配布されており、今後数週間以内にすべての従業員に配布が完了するそうだ。

 CMDの配布により、客室乗務員は機内で必要なデータ、重要なサービスマニュアルやサービススケジュールに簡単にアクセスすることができるようになるほか、予定の変更も即座に確認することが可能となる。こうした作業の効率化によって、スタッフはより多くの時間を乗客にさけるようになり、顧客満足度の向上が期待できるという。

 ルフトハンザでは、2015年にコックピットで電子フライトバッグ(EFB)が導入されたことを皮切りに、客室マネージャーにもタブレット端末が支給されたほか、今回客室乗務員にもiPad miniの支給が決まるなど積極的に業務のデジタル化がすすめられている。
Tsujimura

MVNO 特集

ファーウェイ・ジャパンは10日、ローライトに強いダブルレンズカメラ搭載の「honor 9」を発表した。ターゲット層に想定しているのは、トレンドコンシャスな若者。楽天モバイルを含む4社のMVNOを通じて10月12日より販売する。市場想定売価は53,800円。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

日本航空と全日空は機内Wi-Fiサービスの提供を行っており、すでに多くの搭乗客の間にその存在が知られ、活用されている。そうした中で、どちらのWi-Fiが快適なのかといった議論も見かける。そこで、実際の両社のサービスを体験し、通信速度計測も行ってみた。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング