Page Top

【格安スマホ明細 実際どう? 1人目】イオンスマホの支払い2000円以下に節約

2017-07-14 19:55:09


格安スマホを使用している人に明細を見せてもらう本企画。
記念すべき第1回はRBBTODAY編集長の小板に明細を見せてもらった。

■本企画について
「格安スマホに変えた!」「格安スマホで安くなった!」といった声が増えてきて、格安スマホってどうなんだろう?本当に安くなるの?と思っている人は多いだろう。そんな人のために本企画では実際に格安スマホを利用している人に明細を見せて頂き、実際に支払っている金額を明らかにする。

【大羽】:明細を見せて頂く前にBIGLOBE SIMを契約しているそうですがきっかけを教えてください
【小板】:格安スマホに初めてチャレンジする際はサポート面が不安だったが、週1で出かけるイオン内に店舗があったため安心感と安さから選びました。イオンスマホは当時、端末のみの販売で別途SIMの契約が必要だったので端末はAQUOS SH-M02でSIMはBIGLOBEを契約しました。

【大羽】:それではさっそくですが明細を見せてください
【小板】:こちらです。今までの毎月の支払いも。

------------------------------------------
■6月分の支払い合計:1,956円
内訳:月額基本料金 200円
   月額利用料(6ギガ)1,250円
   月額利用料値引き -500円
   音声通話オプション月額利用料 700円
   ユニバーサルサービス料 2円
   音声通話料(国内宛て5月分) 160円

■各月の支払い料金
 2016年3月:1,870円
 2016年4月:1,784円
 2016年5月:1,784円
 2016年6月:1,784円
 2016年7月:1,796円
 2016年8月:2,217円
 2016年9月:1,785円
 2016年10月:1,785円
 2016年11月:1,785円
 2016年12月:1,914円
 2017年1月:1,892円
------------------------------------------

【大羽】:ほとんどが毎月2,000円前後なんですね。4、5月が約5,000円ですが原因は何でしょうか
【小板】:事情があり通話を多く利用したためですね。LINEの通話機能を使用すれば安く抑えられたのに、、、。それとこれとは別に端末代は24回払いで月に2,016円支払っています。

【大羽】:格安スマホを契約する前は何を使用されていましたか
【小板】:ドコモのGalaxy noteを使用していて月に10,000円ぐらい払っていました。今は端末代合わせても4,000円程度なので6,000円ぐらい節約になっていますね。

【大羽】:月に6,000円はすごいですね!
     節約した金額の使い道を教えてください
【小板】:ごめん、いつの間にか何かに消えている。。。
【大羽】:そ、そうですか。。。

【大羽】:格安スマホの使用感を教えてください
【小板】:通話やSuicaの使用、イオンのポイント利用は良いが端末の見た目がダサく、正直愛情はないですね。本当は中古スマホを購入してGalaxyに買い換えたいですね。
     通信速度については特に問題ないです。
【大羽】:あ、愛情が無くても気づいたら17ヶ月も使用できているので端末に愛着があるんですかね!

ありがとうございます。

端末への不満はありましたが、通信速度、サポートについては問題なさそうですね。
端末は色々な種類が発売されているので
愛情が持てるようなものが見つかるといいですね。

このような形で色々な方の明細をチェックしていきたいと思う!


■小板の契約状況
契約事業者:BIGLOBE(イオンスマホ)
契約プラン:6GBプラン(音声通話有り)
契約場所:イオン内の店舗
BIGLOBE歴:17ヶ月
使い方:メイン利用
利用端末:AQUOS SH-M02
端末の入手先:SIMを契約する際にセットで購入
大羽 隆介

SPEED TEST 特集

 通信速度測定サービスRBB SPEED TESTでは、日本中から日々測定データが集まってくる。この連載コラムは、そのデータをさまざまな切り口で分析してみようというもの。 [...]
全て見る

MVNO 特集

6月の中古スマホランキングを紹介する。今回紹介するデータは、北海道から沖縄まで日本全国に展開しているゲオの、6月における販売数量のランキングデータを集約したもの。※価格は、日時および状態によって変動する場合がある。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

 通信速度測定サービスRBB SPEED TESTでは、日本中から日々測定データが集まってくる。この連載コラムは、そのデータをさまざまな切り口で分析してみようというもの。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング