Page Top

「サブブランドを開始する予定は?」決算発表会でドコモ吉澤社長が回答

2017-10-27 06:07:37


 NTTドコモは26日、2017年度 第2四半期決算説明会を開催した。今期の営業利益は5,488億円。登壇したNTTドコモ 代表取締役社長の吉澤和弘氏は、上期を振り返り「年間業績予想に対して順調な進捗状況」と総括した。続く質疑応答では、記者団からMVNOの動向や、iPhoneの料金プランなどについて質問があがっている。

■ドコモがMVNOを買収する可能性は?

ーーフリーテルが買収されるという報道があった。これについてどう思うか。また今後、立ち行かなくなったMVNOをドコモが買収する可能性はあるか。

吉澤社長「MVNO側の事情についてコメントする立場にはないと思っているが、一般的な話として、MVNOでも事業者側がどういう特徴を出せるかが重要になってきた、ということではないか。弊社のスタンスとしては、ドコモ回線を使っているMVNOさんに関しては提携企業だと思っている。一緒に組んで何らかのソリューションを開発することもやぶさかではない。これまでも、そんな事例がある」

上期 決算概況。ドコモでは、年間業績予想に対して順調な進捗状況が続いていると説明している

ーーKDDIではビッグローブ、ソラコムなどを傘下にした。ドコモはMVNOを傘下にしないのか。

吉澤社長「ドコモとしてはMVNOを傘下に持ったり、サブブランドを開始したりというようなことは全く考えていない。MVNOと連携していくことで、ドコモ回線をしっかり使って貰えればと思っている。ただ、たとえばIoTのプラットフォームをしっかり充実させるというような理由で、そうした事業者と資本提携することは考えられないことではない」

■横並びが解消された?

ーーiPhone 8の発売を機に、大手3キャリアの料金が横並びではなくなってきた印象がある。競争環境が変化したのか。

吉澤社長「ちょっと前まで、1社が料金を発表すると他社がそれに追随するような動きがあった。それが横並びと言われていた。今後は何に注力するのか、各社でサービスに特徴を出していくことが必要だと考えている。ドコモでは、たとえば家族の単位を大切にしている。またドコモ光とセットで使っていただくことで、サービスの良さや便利さも最大化できる。あまりスマートフォンを積極的には利用しない方に向けてdocomo withも開始した。ターゲットを見据えて、それにマッチした料金体系やサービスを提供することが重要。今後もお客様の声、利用状況をお聞きしながら対応していきたい。それでも最後に、他社と同じ料金になったら、そのときは横並びとは言わないでもらいたい―――」。にこやかに笑う吉澤社長につられて、記者席にも笑い声が交じった。

docomo withを開始、2017年秋モデルでは対象モデルを拡大している

■純増数が減少している?

ーー契約の純増数について、年度計画では当初220万を予想していたが、今回130万に下方修正している。

吉澤社長「昨年と違うのは、モジュールの数が出ていないということ。昨年までは(電気料金の)スマートメーターの需要がかなりあった。それなりの数が出ていたが、それが落ち着いてきた。またMVNOの伸びも落ち着いてきたのかも知れない」

■次の25年を見据えて?

ーー営業開始から25周年を迎えた。次の25年を見据えて何をやっていくのか。

吉澤社長「我々の持っているテクノロジーを、どのように活かしていくかということ。端末に関しては、秋モデルでメーカーさんと協力してMのようなものを開発した。これを海外に展開するというのは、これまでドコモがやってこなかったこと。Mをひとつのスタートにしていく。また、5G時代に何ができるかということ。単にネットワークを提供するだけでなく、新しいサービスやビジネスを開発する。新しい産業を興す積もりで、国内外に展開していきたい。パートナーと、しっかり連携しながらやっていく」

NTTドコモでは、営業開始から25周年を迎えている
近藤謙太郎

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 27日の16時1分、ついに予約注文が開始となった「iPhone X」。早くから発売当初の品薄が報じられており、確実に当日に受け取るためにいくつかの予約方法を並行して試した人も多かったのではないだろうか。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

もうしばらくの間、主に仕事の関係で年に6~7度ほど日米間を往復している。私が住むロサンゼルスの空港は全米規模としても大きく、成田や羽田、あるいは郷里の関西方面への直行便も多く、アメリカの他地域に比べれば非常に恵まれている 。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング