Page Top

「iPhone X」、アプリで予約は確かに速かった。ただし分割払いは選べない

2017-10-27 21:35:52


 27日の16時1分、ついに予約注文が開始となった「iPhone X」。同端末はホームボタンを撤廃した5.8インチフルスクリーンSuper Retinaディスプレイの搭載、Face IDという顔認証システムの採用など新たな方向性を打ち出したiPhoneシリーズの記念すべき10周年モデル。早くから発売当初の品薄が報じられており、発売当日に受け取るためにいくつかの予約方法を並行して試した人も多かったのではないだろうか。

 今回、筆者が狙っていたのはSIMフリー版iPhone Xの256GBモデル。予約方法については、Apple自身が24日に発表したリリースの中で「iPhone Xの予約注文には、Apple Storeアプリケーションを利用するのが最速かつ最も簡単です」とコメントしていたこともあり、まずは手元のiPhone 7に「Apple Storeアプリ」をインストールしてスタンバイ。念のため、MacbookのブラウザでAppleのオンラインストアも開いておいた。

 そしていよいよ予約開始時間に。16時1分ちょうどを見計らってアプリを立ち上げてみるも、まだ“準備中”のまま。ブラウザの方も更新してみたが、こちらも同じく“準備中”。これはまずいと思い再度アプリを立ち上げてみると今度は画面に「iPhone X」の文字、その下には“予約注文”と出ている。そのままカラーを選び、容量を選び、AppleCare+の有無を選び、バッグに追加する。そしてバッグに入ったiPhone Xの注文手続きへと進む。注文手続きの際にApple IDの確認(パスワードの入力)が必要になるが、Apple StoreでのTouch IDの使用を“有効”にしておいたので、ワンタッチでさくっと進むことができた。

アプリからの予約はさくさく進んだ

カラー、容量を選ぶ

 ここまで来ればあとは配送か店頭受取かを選び、注文を確定させるだけ。。。なのだが、ここで、ショッピングローン(分割支払い)を選べないことに気づく。Appleのオンラインストアでは、最大12ヵ月までなら金利0%で分割支払いを選ぶことができる。はずだったが、どうやらアプリからの注文ではクレジットカードの一括払いしか選べないようだ。iPhone Xの256GBモデルは税込み140,184円、正直一括で購入するにはかなり重たい。12回払いで負担を分散しつつ、格安SIM運用で通信費を節約しようともくろんでいたが、大きな誤算である。しかし、悩んでいるうちに入荷日が遅くなるのも嫌だと思い、そのまま“注文確定”を押した。結果、無事に?発売日である11月3日に配達予定と表示された。

ブラウザ(右)で予約を進めると、12回払いの記載が確認できる

 誤算はあったものの、発売日に受け取るという目的は達成できた。なお、ブラウザの方は16時10分くらいになってようやく予約注文可能な状態になったが、その時点ではすでに出荷まで4~5週間となっていた。今回、運良くアプリの方が先につながっただけなのかは定かではないが、ページの読み込み時間やTouch IDによる認証も踏まえると、注文確定までの所要時間は確かにアプリの方が短いようだ。

※発売日に予約なしで買える可能性も
白石 雄太

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 27日の16時1分、ついに予約注文が開始となった「iPhone X」。早くから発売当初の品薄が報じられており、確実に当日に受け取るためにいくつかの予約方法を並行して試した人も多かったのではないだろうか。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

もうしばらくの間、主に仕事の関係で年に6~7度ほど日米間を往復している。私が住むロサンゼルスの空港は全米規模としても大きく、成田や羽田、あるいは郷里の関西方面への直行便も多く、アメリカの他地域に比べれば非常に恵まれている 。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング