Page Top

JALの機内Wi-Fiを試す!メールやメッセージはOKだが……

2017-11-07 12:54:35


 飛行機内での通信機器利用制限がだんだんと緩和されるのに伴い、移動中にインターネットに接続できるサービスも、各航空会社から提供されるようになってきている。今回は、東京から青森への出張にあわせて、JALのWi-Fi接続サービスを試してみたのでレポートする。搭乗した機体はボーイング737-800。国内線ではよく見かける機体だ。

 機内に乗り込み、ゲートクローズしてタキシングが始まったところで、CAから機内アナウンスが入る。「離陸の約5分後から、着陸の約5分前まで、無料のWi-Fiが使えます。ビデオプログラムも用意していますので、ぜひご利用ください」といった内容だ。






 接続方法は難しくない。機内モードはONのままで、Wi-FiをONにし、「gogoinflight」というネットワークを選択する。

<centre>



ネットワークに接続したら、まずブラウザを開く。以下の画面が表示されたら、「接続」ボタンを押す。その後簡単な認証画面が現れ、接続完了となる。この手順はPCでも同じだ。





 接続が完了したので、まずはPCで「RBB SPEED
TEST」を試してみることにしたのだが…、何度試しても「ただいま測定中」の画面から変化することがなかった。ブラウザを変えたり、再起動したり、思いつく手段は取ったのだが…。

そこで、スマートフォンで試してみることにした。RBB SPEED
TESTのアプリで測定を開始する。すると、以下のような結果が出た。思ったよりも悪くない結果だが、pingの応答が遅いようだ。





 離陸して間もなくだったので、接続している人が少なかった可能性がある。そこで、しばらくたったのちに測定を試したところ、今度は何度やっても測定エラーで結果までたどり着かず。今回は満席でもあるため、機内の接続数に大きく左右される可能性はある。





 ブラウジングもしてみたが、おおむね問題なく閲覧できる。ただ時折、画像を表示するのにひっかかる感じがあり、計測結果にもあったが、応答時間の長さがここに現れているのだろう。メールについては、多少の待ち時間は感じるが実用上は問題なく利用できる。LINEもストレスなくやり取りできた。またこのサービスは、動画ストリーミングサービスには対応していないという制約があり、試しにYoutubeにアクセスしてみたが、非常に表示が遅く、動画が始まらない。視聴は困難だ。






 いっぽう、JALおすすめのビデオプログラムは、非常に快適に視聴することができた。体感的には480p程度の画質で、スマートフォンで見るにはストレスはなく、遅延もまったく感じない。番組ラインナップも、バラエティや短めのドラマ、アニメなど多彩だ。おそらく機内のリソースに接続していると思われるが、これは十分に利用価値があると感じた。





 結論としては、メールやメッセンジャーのやり取りはさほどストレスなく行えるが、ブラウジングはサクサクとまではいかず、機内の接続数にも影響されそうだ。そして動画については、インターネット経由のストリーミング動画の視聴は非対応、という注意書きの通り、視聴は難しかった。前述の通り、JALのビデオプログラムは非常に快適なので、こちらを楽しむのが正解であろう。
佐藤 耕一

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 27日の16時1分、ついに予約注文が開始となった「iPhone X」。早くから発売当初の品薄が報じられており、確実に当日に受け取るためにいくつかの予約方法を並行して試した人も多かったのではないだろうか。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

もうしばらくの間、主に仕事の関係で年に6~7度ほど日米間を往復している。私が住むロサンゼルスの空港は全米規模としても大きく、成田や羽田、あるいは郷里の関西方面への直行便も多く、アメリカの他地域に比べれば非常に恵まれている 。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング