Page Top

Apple、「macOS High Sierra」の重大な脆弱性を修正

2017-11-30 17:38:45


 米Appleは現地時間29日、「macOS High Sierra」向けの最新セキュリティアップデートの配信をおこなった。同アップデートは日本国内向けにもすでに配信が開始されている。

 「macOS High Sierra 10.13」および「macOS High Sierra 10.13.1」では、ユーザー名(User Name)に "root" と入力するだけで、攻撃者がルートユーザーになり、認証画面がパスできる脆弱性が発見されたが、今回のセキュリティアップデートはこれを修正するためのもの。コンテンツ名称は「2017-001」となっており、先のOSに対応するMacユーザーであれば、誰でも「Mac App Store」からアップデートが可能となっている。

 なお、先の脆弱性は、同社によれば「macOS Sierra 10.12.6」以前のユーザーには影響がないという。前日にこの脆弱性が発見された際、筆者のMacでも実際に試してみたが、容易に認証を突破できてしまった。「macOS High Sierra 10.13」「macOS High Sierra 10.13.1」ユーザーの方は、そのまま放置するとハッカーたちの格好の餌食となる可能性があるので、早急なアップデートをおすすめしたい。

※iOS 11でますます便利になった「メモ」アプリ機能をおさらい
Tsujimura

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマホ「moto g7 plus」「moto g7」「moto g7 power」を、6月7日から販売すると発表。都内で会見を開催した。国内量販店、Eコマース販売店、MVNO、ケーブルテレビ各社、モトローラ直販サイトで販売となる。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング