Page Top

au 2018春モデル、ポップなカラーが特徴的な「Qua phone QZ」

2018-01-09 20:40:58


 KDDI、沖縄セルラーは”2018春モデル”の全7機種を発表した。「Qua phone QZ」(京セラ製)は、ポップなカラーが特徴的なモデル。文房具の人気シリーズ「Rollbahn」とコラボした専用フラップケースも用意されるなど、デザイン面でも若者を中心に支持を集めそうな機種となっている。発売時期は2018年2月下旬以降を予定。

チョコミント、カシスピンク、シトラスレモン、インディゴの4色を用意。背面と側面で色を変えるなど配色にこだわっている

※「Rollbahn」とコラボした専用フラップケース

 Qua phone QZは約5.0インチ FHDディスプレイを採用したモデル。カラーはチョコミント、カシスピンク、シトラスレモン、インディゴの4色を用意しており、背面と側面で色を変えるなど配色にこだわっている。他社製スマートフォンのラインナップには、依然としてホワイトやブラックといった定番のカラーが多い。そんな中、鮮やかなカラバリを揃えたQua phone QZは、この外観だけで大きな存在感がある。サイズは約72(W)×145(H)×8.7(D)mm、重量は測定中。




 なお端末には、ガラス割れに強いハイブリッドシールド構造を採用している。割れにくく傷つきにくいガラスDragontrail Xにアクリルスクリーンを重ねることで、ガラス割れの起点となる傷からディスプレイを保護するという。また防水・防塵・耐衝撃に対応。「ウェットタッチ」により、濡れた手でも操作できる。雨の日の外出、キッチンのような水回りでもストレスなく利用できる。

 このほか手袋をつけたままでも触れる「グローブタッチ」対応により、寒い日に手袋を着けているときなども、外さずにそのままスマートフォンを操作が可能だ。

手袋をつけたままでも触れる「グローブタッチ」に対応



 メインカメラは約1,300万画素、サブカメラは約500万画素。コントラスト方式に比べ、高速で追従性に優れた「像面位相差オートフォーカス」を搭載し、明暗差が大きい場所では露出を変えた写真を合成するHDR撮影に自動で切り替わる。これにより、素早い動きや暗所でもキレイに撮影できる。RAMは3GB、ROMは32GB。電池容量は2,600mAh(暫定値)となっている。

メインカメラは約1,300万画素、サブカメラは約500万画素
近藤謙太郎

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)は19日、音声通話機能付きSIMカードを提供する「イッツコム スマホ」サービスを2018年2月8日から開始すると発表した。イッツコムの契約者向けサービスとなる。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

ハワイに出張取材する機会があったので、海外モバイルルータ(レンタル)の状況がどうだったかをレポートする。使ったモバイルルータはグローバルWi-Fiだ。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング