Page Top

スマートスピーカーに続いてテレビにも広がる「AIアシスタント」【CES2018】

2018-01-10 10:51:07


 アメリカのラスベガスでは世界最大のエレクトロニクスショー、CESが1月9日に開幕する。プレイベントで記者発表会を開催したLGエレクトロニクス、サムスン、ソニーはAIアシスタントを搭載したスマートテレビを今年発売することを明らかにした。

 LGエレクトロニクスは現在、独自のスマートテレビ向けOSであるwebOSを、有機ELと液晶方式のテレビに搭載している。同社の商品は日本でも購入することが可能だ。

 2018年のラインナップにはLGが自社で開発するAIアシスタント「LG ThinQ(シンキュー)」が搭載される。もともとSmart ThinQの名前でインターネットにつながる冷蔵庫や洗濯機に採用してきたスマート家電向けのプラットフォームに、ディープラーニングやクラウドの技術を活かしたAI系のテクノロジーを融合させることで、ユーザーの行動履歴を学んで最も便利な使い方を提案してくれるスマート家電の開発に力を入れていく。

LGがAIアシスタント「ThinQ」を搭載するテレビを発表

 その手始めにというか、どの家庭もリビングの中央に置いて活用しているであろうテレビを中心としたスマート家電のネットワークをLGは提案する。例えばテレビ番組に出演しているタレントの詳細を音声で検索したり、チャンネル送りや電子番組表と連動して「視聴中の番組が終わったらテレビを消す」といった使い方が自動的にできるようになる。LGのスマート家電をテレビからの音声コントロールで操作できるようにもなるようだが、日本にもしLGの最新スマートテレビが上陸しても、LGのスマート家電機器が日本国内ではほとんど取り扱われていないため、同様の使い方ができるようになるかは不明だ。

 LGでは自社のAIアシスタントと併存させるかたちでGoogleアシスタントもスマートテレビに取り込んでいく考えだ。同じGoogleアシスタントを搭載するスマートスピーカーのようにスマートデバイスが音声で操作できるようになる。これなら日本にLGのテレビが上陸しても安心だ。

Googleアシスタントもハイブリッドで搭載される予定

 サムスンはいまGalaxy Note8やGalaxy Sシリーズの最新モデルに搭載されている独自のAIアシスタント「Bixby(ビグスビー)」を2018年に発売するスマートテレビに搭載する。使い勝手についてはLGエレクトロニクスが提案している将来図とほぼ変わらないが、サムスンの場合は2014年に買収した米Smarth Things社のIoTデバイスとの連携機能が便利に使えるメリットも打ち出している。例えばSmart Thingsのネットワークカメラを玄関に置いて、インターホンが鳴ったときにテレビにカメラの映像を映すといった使い方もできる。またSmart Thingsのプラットフォームに連動する他社製のIoTデバイスも使えるようになりそうだ。

サムスンのテレビは独自のAIアシスタント「Bixby」を搭載していく

 ソニーも北米で発売しているブラビアシリーズのスマートテレビから、ソフトウェアアップデートでGoogleアシスタントとの連動機能を追加する。基本的な使い勝手はスマートスピーカーと同様になるとイメージすれば良いと思う。

ソニーは北米向けのブラビアでGoogleアシスタント搭載を強化する

 各社のAIアシスタント搭載テレビは、同梱されているリモコンに話しかけて音声操作をおこなう方式を採用している。それでも良いのだが、どうせならリモコンを探さなくても、テレビに向かって直接話しかけるような感覚で音声操作がスムーズに使えればなお便利だと思う。LGとサムスンのテレビについてはカンファレンスの時にデモを確認できなかったので、もしかすると本体にマイクをビルトインしているかもしれないが、詳細はブース展示を確認したい。

 今年はスマートスピーカーに続いて、テレビもGoogleアシスタントやアマゾン・Alexaとの連携をさらに深めていきそうだ。

※スマートスピーカーは本当に便利?座談会で語り尽くす!
山本 敦

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 今夏の携帯電話業界では、SIMフリースマホの雄、ファーウェイが3大キャリアすべてにスマホを納入したことが大きな話題となりましたが、他メーカーもSIMフリースマホの夏モデルを発表しています。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング