Page Top

なぜ今始めるのか?ドコモが開始する多チャンネル放送「dTVチャンネル」の魅力に迫る

2018-01-30 12:00:03


 スマホやタブレットを使って31局の専門チャンネルによる動画コンテンツが見放題で楽しめる、NTTドコモの新しい映像配信サービス「dTVチャンネル」が1月30日に始まる。サービスの特徴やおすすめのコンテンツについて、NTTドコモの山下智正氏、ならびに放送サービスを提供するアイキャストの安西浩樹氏にうかがった。

■「dTVチャンネル」は「dTV」や「DAZN for docomo」と一緒に使えば断然お得

 ドコモが提供する映像配信サービスとしてはほかにもdTVやdアニメストアなどもあるが、これに加わるかたちでdTVチャンネルを立ち上げた理由を山下氏に訊ねた。

 「(dTVチャンネルを)先行するドコモの映像サービスに加えることによって、多チャンネル配信サービスを利用してみたいけれど、まだ試したことがないという潜在ユーザーのニーズに答えていきたいと思っています。当社でインターネットを利用する映像配信サービスの国内市場動向を分析してみたところ、多チャンネル放送サービスに対して1,000万ユーザーの規模を超える一定のニーズがあることが見えてきました。さらに深掘りして調べてみると、多チャンネル放送サービスに興味はあるけれど、『料金が高い』『契約手続きが面倒そう』『別途機器の導入が手間に感じる』といった意見に代表されるような心配の声が返ってきました。これらのハードルを解消しながら、皆様に気持ち良く使ってもらえる動画配信サービスがdTVチャンネルです」(山下氏)。

 山下氏が特徴を解説するdTVチャンネルは、特別な機器を使わなくてもスマホ・タブレットにアプリを入れるだけで簡単に楽しめる。dアカウントを持っていれば利用できるマルチキャリア対応のサービスだが、ドコモ回線の利用者であれば月額利用料が一般の1,280円(税別、以下全て同じ)から、780円へとお得になる。「利用料金がお手頃に感じていただけるよう、dTVやDAZN(ダゾーン) for docomoとのセット料金プランを設けています」と山下氏がおすすめするパッケージプランは確かに魅力的だ。

 dTVチャンネルとdTVは別々に利用を申し込むこともできるが、一緒にパックで契約すると月額利用料金がさらにお得になる。現在月額500円で提供しているdTVとセットにした場合、ドコモ回線のユーザーは合計980円で楽しめる。dTVの利用料金に400円を追加すると、30局の専門チャンネルのコンテンツが一気に増えることになる。さらにスポーツ系のリッチなプログラムを多数揃える「DAZN for docomo」をセットにしたパッケージも用意した。こちらはドコモ回線のユーザーならば毎月1,760円(税別)で楽しめる。

■dTVチャンネルでしか見られないおすすめ番組

 dTVチャンネルとdTVのコンテンツは「互いに補完し合うラインナップ構成になる」と山下氏、安西氏が口を揃える。万人受けする多彩なコンテンツを、それぞれ専門性の豊かなチャンネルを数多く揃えることで充実させていくという考え方だ。dTVチャンネルの中で、特に注目したいコンテンツをアイキャストの安西氏におすすめしてもらった。

 「自動車やバイクを中心とする趣味の情報が満載の『ディスカバリー・ターボ』にはぜひ注目してほしいと思います。今までの動画配信プラットフォームになかった、dTVチャンネルが日本で初めて提供するチャンネルです。韓流のエンターテインメントコンテンツを集めた『Kchan!韓流TV』はK-POPファンの皆様から人気を集めると考えています。さらに目玉の『ソニー・チャンネル』では人気の海外ドラマや映画などがお楽しみいただけます」(安西氏)。

 サービスの開始後は「スマホアプリからリアルタイム配信の動画が楽しめる」というdTVチャンネルの特性を活かして、ユーザーがコンテンツをインタラクティブに楽しめる機能など新しい付加価値にもチャレンジをしていきたいと山下氏は意気込みを語っている。

 なお、dTVチャンネルは基本的にリアルタイムの多チャンネル放送サービスだが、一部コンテンツについて、放送後にもチェックできる「見逃し配信」に対応する。見逃し視聴ができる作品についてはアプリの番組表から過去に放送されたコンテンツリストを見ながら探せるようになる。「話題の映画やドラマも“ながら見”したいというニーズにdTVチャンネルはしっかりと答えていきたいと考えています。ただ一方では、ながら見していたら内容が気になって、もう一度見たくなったという声も多く返ってくることが予想されるので、好きな時に『見逃し配信』で後から見られるものも増やしていきたいと思います」(安西氏)。

■リビングでの動画視聴に便利な「ドコモテレビターミナル」も発売

 dTVチャンネルはモバイル端末によるアプリ視聴だけでなく、サービス提供と同時期に発売されるセットトップボックス「ドコモテレビターミナル」をテレビにつないで見られるようにもなる。販売はドコモショップの店舗やオンライン、量販店などで展開される。

 こちらのセットトップボックスはHDMI接続で4Kテレビにつなげば、光回線による動画サービス「ひかりTV for docomo」のチャンネルで提供する4K高画質番組が視聴できる。dTVやdアニメストア、DAZN for docomoなどドコモの多彩な映像サービスに対応したことにも注目だ。さらに、Android TVをプラットフォームとしているセットトップボックスなので、ドコモのサービス以外の様々な映像サービスやYouTube、Google Playストアからダウンロードしたゲームアプリもまとめて1台で楽しめるようになる。

 山下氏はドコモテレビターミナルが多彩なコンテンツに対応している端末だからこそ、「ユーザーがどの作品を見たらいいのか迷わないように、視聴ログや履歴を参照しながらおすすめのコンテンツをレコメンデーションしてくれる機能を提供したい」と語っている。

 今年の4月に提供開始を予定している専用アプリを使えば、ドコモテレビターミナルをスマホから遠隔操作できるようになる。外出先や宅内の様々な部屋から映像コンテンツにアクセスして色んな場所で楽しめるようにもなるのでとても便利だと思う。

 「いまdTVをお使いいただいている方にも、dTVチャンネルの魅力を伝えていきたい」という山下氏。今後はdTVのサイト内でファン向けのコミュニケーションを活発化していくという。例えばdTVを既に使っているユーザーが、dTVチャンネルのサービスを追加で申し込むとdポイントがもらえるキャンペーンも実施が予定されているそうだ。

 これから初めての動画配信に挑戦してみようという方から、既にdTVやDAZN fod docomoを利用しながら、視聴できるコンテンツのバラエティを広げたいと方にもdTVチャンネルはおすすめしたいサービスだ。
山本 敦

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマホ「moto g7 plus」「moto g7」「moto g7 power」を、6月7日から販売すると発表。都内で会見を開催した。国内量販店、Eコマース販売店、MVNO、ケーブルテレビ各社、モトローラ直販サイトで販売となる。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング