Page Top

「今年はeSIMスマホ元年」夏にはSIM差し替え不要のスマホがFREETELから

2018-02-10 18:45:44


 MAYA SYSTEMは2月9日、記者向け説明会を開催。プラスワン・マーケティング(昨年12月に民事再生手続きを申請)から継承したFREETELブランドにおいて、ニューモデル2機種を発表するとともに、これまで同社がおこなってきたeSIM事業とFREETELの親和性、今後の方向性などについても発表した。

 説明会にて、MAYA SYSTEMの吉田利一取締役社長は、FREETELブランドの事業継承に至った背景から説明を始めた。「もともと当社ではeSIMを活用した海外Wi-Fiルーター事業『jetfi(ジェットファイ)』を展開しており、独自の端末も開発したいと考えていた。そんな時に、FREETELがeSIM端末の開発に着手したと聞き、昨年6月ごろから協業について相談していた」と、以前からの関係性を説明した。




 いっぽうでFREETELは、サービス停止に関して昨年大きなニュースになったブランドでもある。そのようなネガティブな面について「FREETELを買って良かったか、とよく聞かれるが、答えはYESだ。FREETELの70名ほどの優秀な社員、30万人近いお客様、販売チャネルを継承した。ブランドの知名度に関しても、jetfiよりFREETELのほうが間違いなく上。MAYASYSTEMにとってはプラスだ」と吉田氏は断言した。




 今後の展開については、「今年はeSIMスマートフォン元年だ。海外でのeSIM利用に対応したスマートフォンの開発に着手する。国内では通信キャリアと契約し、海外に行ったときはeSIMで通信するものだ。プリペイドSIMを購入して差し替えるなどの手間は不要になる。スマートフォン端末だけでなく、eSIMを使ったIoT向けのグローバルeSIMチップの開発も進めていきたい」と展望を語った。



 最後に、既存のFREETEL利用者に対するサポートについて、「端末事業の継承に伴い、サポートとメーカー保証も今まで通り提供します。MAYA SYSTEMのグループ企業では、コールセンターのBPO事業も運営しているので、グループ連携でサポート体制を強化していきます。」と強調した。
佐藤 耕一

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 今夏の携帯電話業界では、SIMフリースマホの雄、ファーウェイが3大キャリアすべてにスマホを納入したことが大きな話題となりましたが、他メーカーもSIMフリースマホの夏モデルを発表しています。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

今回のお題はスマホに便利な「Shinjuku FREE Wi-Fi」。みなさん歌舞伎町などで見かけませんかね? ゴジラが電波をガーーッと吐いているステッカーを。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング