Page Top

Macでも手軽にWindows!仮想化アプリを使うメリットとデメリット【ビジネスマンのMacスキル】

2018-04-17 14:00:04


 「仮想化アプリ」は、簡単に言うと、いろいろなOSをMacのアプリのような感覚で使えるようにするもの。仮想化アプリ「Parallels Desktop 13 for Mac」を利用してWindowsをインストールすると、いつでもすぐにMacの中でWindowsが使えるようになる。

連載:ビジネスマンのMacスキル

なぜBoot Campではなく仮想化アプリを使うのか?
 Macには標準でBoot CampというWindowsをインストールする機能があるのに、なぜ仮想化アプリを使うのか?しかも、Boot Campは無料。確かに「Windowsを使う」という目的では、Boot Campが役に立つ。しかし、仕事でMacを使っていて、ちょっとした時だけWindowsが使いたいというケースでは、仮想化アプリが断然便利なのだ。

 Boot CampではWindowsを使うときにMacを再起動することになるが、仮想化アプリならアプリのひとつとしてWindowsを起動することができる。Macでの作業を中断することなく、Windowsが使えるのだ。Macでの作業結果をWindowsで確認したいときや、またその逆も圧倒的に便利。

 たとえば、ウェブサイトのデザインチェックの場合、MacのブラウザーとWindowsのブラウザーを同時に使って効率よく作業できてしまう。Windowsをただ使うだけでなく、Macとの連携作業を考えるなら仮想化アプリがおすすめだ。

仮想化アプリ「Parallels Desktop 13 for Mac」でWindows 10を動かしているところ。MacとWindowsが同時に使える

 もちろん、いいことばかりではなく、仮想化アプリにもデメリットはある。ここで、Boot Campと仮想化アプリのメリット/デメリットをまとめておこう。

■Boot Campのメリット
・MacがWindowsマシンとして起動するので、ハードウェア性能がそのまま生かせる
・macOSの標準機能なので無料

■Boot Campのデメリット
・Windowsが使えるようになるまでの準備にやや手間がかかる
・MacとWindowsを同時に使うことができない(再起動で切り替える)
・Windowsの領域はTime Machineでバックアップされない

■仮想化アプリのメリット
・MacのアプリのひとつとしてWindowsを起動するため、MacとWindowsが同時に使える
・Windowsのインストールが簡単
・複数バージョンのWindowsがインストールできる

■仮想化アプリのデメリット
・Boot Campに比べると動作は遅くなる
・有料

*どちらもWindowsのライセンスを別途購入する必要がある

仮想化アプリを使ってみよう
 仮想化アプリの定番「Parallels Desktop 13 for Mac」(以下、Parallels」の使い方を簡単に紹介しよう。

 まずは、Windowsのインストールから。使いやすいインストールアシスタントが用意されていて、4つの方法でWindowsがインストールできる。どの方法も指示に従って操作すれば、簡単にWindowsがインストールできる。

新規でインストールする場合は、「MicrosoftからWindows10を入手」または「DVD/イメージファイルからWindows/その他OSをインストール」を選ぶ。使用中のWindowsパソコンからWindowsを転送する方法と、Boot Campで使用中のWindowsを取り込む方法もある

 起動したWindowsは、通常のアプリのようにウィンドウとして表示されるが、使い方に合わせて3種類の表示方法が選べる。

・フルスクリーン
通常のフルスクリーンアプリのように、デスクトップのひとつとして表示される。Windowsをできるだけ広い表示で使うときにピッタリ

・Coherence(コヒーレンス)
Windowsのデスクトップを隠して、起動したWindowsのアプリをウィンドウとして表示する。MacとWindowsのアプリが混在した状態で作業できる

・ピクチャ・イン・ピクチャ
Windowsを最前面に表示される小さなウィンドウに表示する。Windowsを常にモニターしたいときに便利

Coherenceモードでは、MacでWindowsのアプリを使っているような状態になる

 Parallelsの機能のごく一部だけを紹介したが、ほかにもMacとの連携作業に便利な機能が数多く用意されている。開発元のサイトから無償トライアル版がダウンロードできるので、試用してみるのがおすすめだ。Macのスペックによっては、動作速度が厳しいこともあるので、この点も購入前にチェックしておきたい。

アプリ名:Parallels Desktop 13 for Mac
開発:Parallels International GmbH.
価格:8500円
URL:https://www.parallels.com/jp/
RBB TODAY

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 今夏の携帯電話業界では、SIMフリースマホの雄、ファーウェイが3大キャリアすべてにスマホを納入したことが大きな話題となりましたが、他メーカーもSIMフリースマホの夏モデルを発表しています。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング