Page Top

アップル、過去最大6.5インチディスプレイの新型iPhoneなど発表

2018-09-13 06:33:19


 米アップル(Apple)は現地時間9月12日(日本時間9月13日午前2時~)、新型iPhone3機種「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」「iPhone XR」を発表した。

 iPhone Xsは、いわば前作iPhone Xからの順当進化と呼べるモデル。5.8インチのOLEDディスプレイ(120Hz)を搭載しているほか、チップは最新の「A12」(7nmプロセスを世界初採用、CPU:6コア、GPU:4コア、Neural Engine:8コア)を搭載。iPhone Xs Maxは、同モデルのさらなる大型ディスプレイバージョン。iPhone史上最大の6.5インチOLEDディスプレイ(120Hz)を搭載している。いずれも、顔認証システム「Face ID」は、iPhone Xよりも高速化したそう。カラーリングは、ゴールドも新登場。ストレージは最大512GBモデルも展開される。価格は、iPhone Xsが999ドルから、iPhone Xs Maxが1099ドルから。発売日は9月21日(予約受付は9月14日)。









 iPhone XRは、上記2機種のやや廉価版という位置づけ。カラーバリエーションはかなり豊富で、ホワイト、ブラック、レッド、オレンジ、イエロー、ブルーの合計6色。フレームは、iPhone Xs、iPhone Xs Maxがステンレスであるのに対して、iPhone XRはアルミニウムで仕上げられている。このあたりの差別化はApple Watchと同様だ。チップは「A12」が搭載されているが、ディスプレイはOLEDではなく、LCD(液晶)が採用されており、サイズは6.1インチ。背面カメラは、iPhone Xs、iPhone Xs Maxがダブルレンズである一方、iPhone XRはシングルレンズ。価格は749ドルから。発売日は10月26日(予約受付は10月19日)。

「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」

「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」

「iPhone XR」

 なお、発表内容については、ほとんどが事前にリークされていた情報と同様。今回も発表会当日まで明かされない、"サプライズ" はなかったわけだ(最後までドキドキ、ワクワクだったジョブズ時代が懐かしい...)。そして、新型iPhoneで特徴的なのは、見ての通り、ホームボタンがすべてのモデルから消失したこと。もちろん、アップルは、今後も旧モデル(iPhone 7など)の販売を続けるが、最新モデルからはホームボタンを搭載したモデルが姿を消してしまった。ジョブズ時代から受け継がれてきた伝統は、完全に途絶えたと言える。







 これから注目されるのは、ホームボタンを搭載したモデル、特にiPhone 7/7 Plus以前のモデルを使い続けてきたユーザーが、どのような動きを見せるのかということだ。iPhone XはFace IDを搭載した初のモデルということで、"様子見"をしたユーザーも多かっただろう。また、ホームボタンが必要という判断をしたユーザーは、信念を持って、iPhone 8/8 Plusを選択したはずだ。iPhone Xの発売から1年が経過し、同モデルの新たなUIやFace IDの精度についても十分な情報が集まった今、ホームボタンに慣れ親しんだ買い換え予備軍のユーザーたちは、どのような選択をするのか?(個人的には、あまり機種変更には至らない気がする...)。
Tsujimura

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 今夏の携帯電話業界では、SIMフリースマホの雄、ファーウェイが3大キャリアすべてにスマホを納入したことが大きな話題となりましたが、他メーカーもSIMフリースマホの夏モデルを発表しています。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング