Page Top

トイレの空状況がスマホでわかる!NTT東とバカンがサービス導入へ

2018-10-01 16:28:25


 東日本電信電話(以下、NTT東日本)とバカンは9月28日に竣工したオフィスビル「新橋 M-SQUARE Bright」の各フロアに、トイレの空室状況をスマートフォンやパソコンへ一覧表示するサービスを10月下旬に導入する。


 同サービスは、館内のWi-FiおよびIoTを活用することによってトイレの混雑緩和を目指すサービス。従来、トイレ利用者にとってはトイレの混雑状況は現地に行かなければわからないため、満室だった場合、空室を探す手間や時間が必要だった。また、ビルオーナーにとっては、トイレの混雑状況を緩和するためにトイレブースの個数変更が求められていたが、個数変更にあたり必要となる入居者の男女比率や利用状況データを収集することが課題となっていた。

 こうした課題に対し、同サービスでは館内Wi-Fiとトイレに設置されたセンサーによってトイレの空席状況をリアルタイムに把握・配信することが可能に。トイレ利用者は事前に混雑状況を確認することができ、スムーズにトイレを利用できることに加えて、同サービスの導入によって蓄積された利用状況データを分析・活用することにより、ビルオーナーは入居者の利用状況に合わせた適切なトイレブースの個数変更が可能となる。

 NTT東日本とバカンは、混雑把握技術の向上による新たな利用シーン創出等の協業検討をすることで、次世代のオフィスビル開発に貢献していくとしている。
KT

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

 今夏の携帯電話業界では、SIMフリースマホの雄、ファーウェイが3大キャリアすべてにスマホを納入したことが大きな話題となりましたが、他メーカーもSIMフリースマホの夏モデルを発表しています。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング