Page Top

"おろし金"風のモンスターマシン!アップル、新型「Mac Pro」を発表

2019-06-04 19:15:28


 米アップルは現地時間3日、開発者向けカンファレンス「WWDC 2019」を開催。新型Mac Proを発表した。


 新型Mac Proは、筐体がアルミニウム製ということもあってメタリックで、どこか"おろし金"風の外観が特徴。同社が「Macでできることの限界を押し広げていくプロのために完全に再設計された革新的なワークステーション」と説明するように、その性能面は協力で、最大28コアまで拡張できるワークステーションクラスのXeonプロセッサ、1.5TBという膨大な容量をサポートする強靭なメモリシステム、8基のPCIe拡張スロット、世界最速レベルのグラフィックカードをサポートするグラフィックスアーキテクチャが搭載される。

 プロ向けに拡張性も重視されており、アルミニウム製の筐体は、360度どこからでもシステム全体にアクセス可能。また、ハンドルを持てば、Mac Proをスタジオ内で簡単に移動することもできる。

 あわせて、専用のアクセラレーターカード「Apple Afterburner」も発表。これを用いることで、8K ProRes RAWビデオストリームを同時に3本まで再生することが可能になる。まさしく、モンスターマシンということができる新型Mac Pro。販売価格は5,999米ドル(約65万円)からが予定されており、受注は今秋より開始するという。
KT

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

MVNO 特集

そのTONEモバイルが30日、TONE SIM for iPhoneのバージョンアップを発表した。アップグレードの目玉は、AIを利用した見守り機能を強化し、iPhoneにも対応させたこと。またシニア向けにライフログ機能で健康管理に役立つ情報を提供できるようにしたこと [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング