Page Top

サムスン、“縦”折りたたみスマホ、1億画素カメラ搭載モデルなど表会……Galaxy UNPACKED 2020

2020-02-12 09:07:01


 サムスンは日本時間2月12日未明、新製品発表会「Galaxy UNPACKED 2020」を開催。複数の新製品を発表した。


 まずは、縦開きができる折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip」。同社は昨年、横開きが可能な折りたたみスマホ「Galaxy Fold」を発売したが、今回はその縦版とも言える商品。スクリーンはガラス製で、発表会時に折りたたみの様子が示されたが、“継ぎ目”のないガラス製スクリーンとなっていた。画面は有機ELで、サイズは6.7インチ。解像度は2,340×1,080ピクセルとなっている。ヒンジ部分は裏側から見ると“SAMSUNG”の文字が入などこだわりも。折り曲げた状態=L字型でも使用可能となっている。カメラはリアに12Mピクセル超広角&12Mピクセル広角の2つが搭載で、価格は1,380ドル。

 次に、旗艦モデル「Galaxy S」シリーズの新作「Galaxy S20」も登場。モデル構成はS20、S20 Plus、S20 Ultraの3種類で、いずれも通信規格「5G」に対応している。カメラはクアッドカメラ(4カメラ)構成で、デザイン的にもかなり目立つ仕上がり。S20 Ultraに関しては同社初の1億画素センサー(108Mピクセル)も搭載した(※他モデルではメインカメラが6,400万画素)。また、同モデルでは、デジタルズームが最大100倍に対応している。さらに、動画撮影は世界初となる8K30fpsにも対応。これら撮影性能の進化を活かすため、Quad HD+スクリーン(3200×1440)が採用されている。基本スペックとしては、Galaxy S20 UltraがRAM 12GB/16GB、他モデルはRAM 8GB/12GBとなっている。記憶容量は、最大1TBのマイクロSDカードに対応。なお、価格は 「Galaxy S20 Ultra」 が1,399ドルから、「Galaxy S20」 が999ドル、「Galaxy S20+」 が1,199ドル。

 最後に、ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」の新モデル「Galaxy Buds+」も発表。バッテリー持続時間が前モデルの6時間から11時間までのびたほか、音質が改善。3マイク構成により、通話品質にもこだわったという。カラーラインナップはブラック、ブルー、ホワイト。アクティブノイズキャンセリングには対応しないが、価格は149ドルとやや手頃な設定に抑えられた。
KT

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング