Page Top

アップル、新型iPhone SE発表!最新プロセッサ搭載なのにお手頃価格実現

2020-04-16 09:23:04


 米アップルは現地時間15日、新型iPhone SEを発表した。


 発表されたiPhone SEはいわゆる廉価版で、最新のプロセッサ「A13 Bionic」を搭載しているものの、ベース形状はiPhone 8と同様で、指紋認証。カメラは背面に1200万画素がシングルで配置。フラグシップ機の画面が有機ELであるのに対して、iPhone SEは液晶ディスプレイ。防塵防水性能はIP67等級で、フラグシップ機がIP68であるのと比較すれば少々抑えられている。

 ただし、機能面で我慢をすれば、価格は4万4800円からとグッとお得な設定。iPhone 11 Proが10万6800円からと比較すると、半額以下ということになる。いま、中古市場ではiPhone 8が売れているが、少し金額を積めば最新のプロセッサを搭載した新品iPhoneが手に入るとなると、グラつく人も多そうな予感。なお、予約開始は4月17日、発売は4月24日となっており、カラーラインナップはホワイト、ブラック、プロダクトレッドの3種類。
KT

SPEED TEST 特集

 iPhone 8/8Plusの発売からおよそ1ヵ月。速度測定のデータも溜まってきたので、ここであらためて3キャリアそれぞれのiPhone 8/8 Plusの通信速度を確認してみたい。 [...]
全て見る

公衆Wi-Fi 特集

Wi-Fiの機能や性能は伝送速度だけで決まるものではない。実際のスループット、電波強度、ビームフォーミングやMIMO、簡単自動設定、ひいては接続する端末側との相性の問題もある。ホームルータを選ぶときのポイントをいくつか整理してみたい。 [...]
全て見る

特集・コラム

記事ランキング